MACS blog

2020年05月19日

悪いことばかりじゃない!

コロナショックで不況のニュースが朝からテレビでこれでもかこれでもかとやっています。
先週末、書きましたように好調な業界があります。
同じような文になりますが、悪いニュースがこれでもかとニュースになるので良い話をこれどもかと書きます。
具体的な話です。
電子部品業界は「強気」です。
コロナで車関連の電子部品は確かに減ったのですが、それを超えるくらいにゲームやパソコンの電子部品の需要が盛り上がっています。
そして、車向けの電子部品は今年下期に大きく回復と予想しています(上期15%減が下期21%増)。
車の電装化(EV駆動を含め)の勢いはこれからも増えていくのでコロナショックで少しブレーキが掛かったが増産の勢いは継続する。
5G関連は、携帯もそうだけど、基地局などの投資が爆発的に増えるようです。
(中国が重視しています)
5Gでは電波の直進性が重要な問題になるので基地局がたくさん必要になります。
5Gの可能性は、自動運転、遠隔医療、仮想現実・拡張現実(映画などで画面が目の前に迫って見えるなど)、リアルタイム自由支点映像(野球中継をテレビで見ているときに、自分の見たいアングルで見える)
スマートファクトリー、スマートシティ(トヨタが実証都市を計画中です)
ここに書いてあるのは100%説明できていません。
生半可な知識で書いてあるので間違っているかもしれません(ごめんなさい!)
こういったことを新聞なり、ニュースなりで一つづつ丁寧に何回も紹介してもらえたら新しい産業の発生の可能性が身近にあると気づきそうです。
気づけばそこに商売のタネが見つかりそうです。

posted by seiho at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

金事態宣言解除

東海三県の緊急事態宣言が解除されました。
気分的には大変明るい気持ちになりました。
土曜日はあいにくの雨だったので散歩も止め、朝から自宅待機でした。
何もせずに自宅にじっとしているのは、結構退屈します。
十年以上前に入院して以来です。
その時も、テレビは見飽きてしまい退屈な日々を過ごしていました。
ただ、入院中にも関わらず家の建て替えを思いつきその間取りを考える時間が出来て、これが本当に退屈しのぎになりました。
今回は、そういった物も無いのでビデオを見たり、ゲームをしたりでしたが本来そう好きでもないので結局退屈を持て余して嫁さんが買い物に行くというのでついて行きました。
「不要不急・・・」とか「買い物は一人で・・・」とかありましたが「緊急事態宣言」が解除されたので気が緩み出かけました。
日曜日は一転好天になりとても良い気持ちになりました。
夕方には、久しぶりに家族で外食しました。
同じような人が多かったのか、最初に行こうと思ったお店は、電話で確認したら満員と言うことでもう一つのお店にしました。
ここも、そこそこに人がいたのですが、隣のテーブルが空いていたのでそう気にせずに済みました。
今朝のニュースでも人出が結構戻ったと放送されていました。
このまま本来の生活に戻れればと思っています。
今日は、タマタマ5時くらいに目が覚めたの早速散歩に出かけました。
約1時間半の散歩になりましたが、清々しい散歩となりました。
posted by seiho at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

堅調

コロナウイルスの影響で宅配便とかは配達量が多くて、その上人出不足(大学生がアルバイトが無くなって大変と言う話を聞きますが、宅急便の運転手さんなんかは学生アルバイトではダメなんでしょうか?)ということですが、同じ運送屋さんでも宅急便(個人宅への配達)ではなく、企業相手の運送屋さんは逆に仕事が激減しているそうです。
当社には、大手のS運輸さんが、良く配達や引き取りに来てくれるのですが、企業間でのパレット搬送が激減していて、荷物がまとまらないとかで午後から休みとかが時々あるそうです。
コロナウイルスの影響で世界的に不況になっていると言いますが、全産業が不況と言うわけではなく、以前書きましたが学校が休みと言うことで、任天堂やソニーのゲーム機がバカ売れしているとか、テレワークとか学生のリモート利用の授業などでパソコンがこれまた品薄状態です。(半導体チップがたくさん使われています)
後は、将来の要求に関わるものは影響は、ほとんどないように思います。
例えば電気自動車のモーター関連の投資は中長期的に計画があり(大きな流れなので少々のことでは計画が変更と言うことにはなりません)中止と言う話は聞きません。
5G関連の投資も中国が引っ張っています。(コロナショックがひと段落したら5Gの携帯は中国製が世界を牛耳っているかもしれません。)
それぐらい積極的に投資をしています(日刊工業新聞にも同じような記事がありました)
食品の自動包装機械なんかは、リーマンショック時も堅調でいたが今回も相変わらず好調です。(ただ、コロナの影響で設計がテレワークになったりして図面の出るのが遅れ気味です)
自動倉庫及び仕分け装置も物流のIT化の波でこの流れは変わらないので堅調です。
まだあるとは思いますが、リーマンショックの時は、製造業は総崩れみたいなところが有りましたが、今回のコロナショックでは、時代の流れと言うか将来を見てといった感じの設備投資は堅調(好調に見えます)です。

posted by seiho at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする