MACS blog

2019年02月01日

健康寿命

先日健康年齢のことを少し書きましたが、平均寿命と健康寿命の差(厚労省資料より)について厚労省の資料がありました。
男性の平均寿命は80.2歳ですが、健康寿命は71.2歳です。
女性の平均寿命は86.6歳ですが、健康寿命は74.3歳です。
平均寿命と健康寿命の差が病気を抱えて生きる期間です。
男性は約9年、女性は約12年間、病気を抱えて生きているということです。
健康寿命が長ければ、病気になる確率が下がるということです。
次のような資料がありました(中之条研究)。
65歳以上5000人の活動量と病気の関係
健康1.jpg
健康3.jpg
健康2.jpg
高血圧症、糖尿病も同様の傾向です。
一日9000歩以上、25分以上運動していると目に見えて改善しています。

posted by seiho at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ボーイング

先日、プロテインのことがNHKで取り上げられていましたが、昨日もその関連が放送されていました。
健康年齢のことです。
皮膚年齢が実際の年齢より高い人は、(実際は50歳なのに皮膚年齢が70歳)間食(三時のおやつ)
で甘いものを食べたりすると腸内のたんぱく質と結びついて悪玉菌になり血管等に悪影響を与えるようです。
お肉もそうで、焼いたり、豚カツのように揚げたりすると悪玉菌が増えるということです。
先週日曜日は、セントレアに行ってボーイングの展示館を見てきました。
ボーイング.jpg
コクピットに入ることが出来ましたが、客室には入れませんでした。
コクピット.jpg
体験版では紙飛行機を作って飛ばしました。
紙飛行機を折ったのは久しぶりで、もちろん飛ばすのも久しぶりでしたが、懐かしく思い出しました。
その後、会場内のアメリカ風のレストランで食事をしました。
ボーイング社がシアトルにあるということでレストランないのモニターではマリナーズ時代のイチローが紹介されていました。

posted by seiho at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

今朝、NHKでプロテイン(タンパク質)でのダイエット効果について放送されていました。
プロテインを摂取して他の食べ物を減らしてダイエットなり、効果的に筋肉を付ける方法について誤解されていることを指摘していました。
時々聞くのが、朝食を少しとか、食べないとか聞きます。
そして、夜なり昼に集中的に食べる(極端に言えば一日一食主義)。
これは一番効果がないようです
一度にたくさん摂取しても吸収される量が限られているので吸収されないものが多くなり便として排出されるということです。
効果的なのは3食等分に取るとタンパク質が効率的に吸収されるそうです。
タンパク質で言うと、例えば絹ごし豆腐と木綿豆腐では木綿豆腐の方がタンパク質が多いようです。
納豆もその成分が壊されずに小腸まで届くそうです。
ということで豆が良いそうですが、単品ではなく色々な野菜系と一緒に食べると吸収が良いようです。
ブラジルなどのサッカー選手はマメに色々な野菜を混ぜて食べているそうです。
それがスリムで筋肉質な体型を生んでいるようです。
個人的には納豆を毎日一回は食べようと思いました。
posted by seiho at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする