MACS blog

2020年07月27日

安楽死の望み

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者が現役の医師二人に薬物を投与されて殺害されたという事件が発生しました。
女性患者は安楽死を望んでいたとのことです。
それに対し、朝日新聞は同様の病気の患者さんにこの件についての考えを聴きました。
その回答が記事として紹介されていました(一部省略しています)。
「私たちALS患者は、生きたいと強く表明しなければ生きられません」
「安楽死という希望は彼女が作り出したものではなく、社会が作り出した差別の中で生み出された彼女の叫びだと私は思います」
(中略)
「私たちが生きることや私たちが直面している問題や苦悩を尊厳死や安楽死という形では解決できないし、そうやって私たちの生を否定しないでほしいです。
いまこそ、生きてほしい!生きよう!と当たり前のことを当たり前に言い合える社会が必要です」
この問題に対して私は明確な回答を持ち合わせていません。
幸い、健康な状態にあります。
健康であっても年齢を重ねるとともに老いてきます。
老いに対してはこれからズーっと抵抗して参ります。
誰に見てもらうではなく自分のために自分自身を全うして生きていきます。
posted by seiho at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: