MACS blog

2020年07月21日

中国経済復活

サンマが不漁で公式には公海での漁獲量はゼロ(5月〜7月)だったそうです。
何でもロシアとの販売価格交渉が折り合わず(ロシアに売る)採算が取れないので漁船が外洋に出ていかなかったためです。
日本の領海では、サンマが捕れているので直接食卓には影響なさそうですが(価格は上がり気味)去年の漁獲量が史上最低(サンマの資源が減り気味だった)だったのがそれを下回るようです。
ある飲食店に行った時も、鯖とかサンマ、イカなども不足気味で刺身では手に入りにくくなっているとのことでした。
そのうち高級魚の部類になるのでしょうか?
中国では経済の復活が本物になってきているようです。
中でも新車販売は過去最高を更新したとのことです。
中国復活.jpg
次はアメリカと言いたのですが、この国は「新型コロナをなめている」としか思えません。
しかし、その逆に日本では神経質になっているようにも思えます。
例えば、新規感染者数ですが日本では数百人が毎日感染していますが、連日トップニュースの扱いです。
アメリカとかその他の欧米の国では其の何十倍もの新規感染者がでていますが、平然として見えます。
昨日取り上げたフランスでも屋内のカフェ営業はダメだけれど国外ではOKということでたくさんの人が利用していました。
「マスクは?」・・ほとんどの人がしていませんでした。
私の感性が「コロナに過敏?」(笑)
posted by seiho at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: