MACS blog

2020年07月15日

マスク

昨日テレビを見ていたら(同じ番組を見ていたらごめんなさい)温度上昇の少ないマスクのランキングが発表されていました。
少ない順にいくと1位ウレタン2位ガーゼマスク3位布マスク4位不織布マスクとなっていました。
各々のマスクについて階段の上り下りで実験していました。
色についても情報があり同じマスクでも黒色のマスクは白色のマスクよりマスク内温度が10度以上高くなるそうです。
但し予防効果が一番なのは、不織布マスクということです。
マスクの中に静電気を滞留させているのでウイルスを捕獲しやすいとのことです。
私は何回も使いまわしをしているのですが、ブラシかなんかで百回ぐらいこすって静電気を滞留させないと効果がないそうです(どうも気分的な物だったようで効果のないマスクをつかっていたようです)。
これから気を付けなければならないのは、コロナの症状と熱中症の症状がよく似ているそうです。
両方とも頭がボーっとして吐き気がして力が弱くなるそうです。ペットボトルの蓋が開けられないと危ない(普通は簡単に出来るはずが・・)筋肉が弱くなるということは水分の保有率が下がっているそうです。
朝の朝礼でコップ一杯の水を飲むことを勧めようと思っています。
posted by seiho at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: