MACS blog

2020年06月03日

ジョジョとペチャ

私事ですが、猫を二匹飼っています。
最初は、捨猫(名前はジョジョと言います)が我が家にやってきました。
当時、我が家は7人家族と猫一匹の家族でした。
それが、子どもたちが独立して一人また一人と減っていきました。
そして末っ子一人になり、三人と猫一匹の家族になりました。
直前に娘二人が出て行ったので、いきなり「シーン!」といった感じで静かな家になりました。
そこから猫の「ジョジョ」の行動がおかしくなりました。
夜泣きなんかは当然ですが、早朝、真夜中とひっきりなしに泣き始めました。
淋しさからきたのだと子どもたちとの意見も同じようだったので知り合いから生まれて3ヵ月の子猫を養子として迎えました。
名前は「ペチャ」です。
IMG_2739.JPG
名付け親は、嫁さんです。
それからはジョジョの夜泣きも納まり落ち着いた家庭になりました。
つい最近ですが、ジョジョの歩き方がおかしくなりました。
足の動きがもつれてきました。
お医者さんに連れて行って精密検査をしたら問題が発見され手術をすることになりました。
先週手術をして数日して自宅に戻ったのですが、手術痕を見てびっくりしました。
毛皮が丈夫なんでしょうが実に手荒と思えるような縫い合わせでした。
ジョジョ手術.jpg
もうちょっと!奇麗に丁寧にと・・・
posted by seiho at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: