MACS blog

2020年05月22日

ミンクの毛皮

コロナウイルスの発生源?が色々と出てきました。
最初は、中国、武漢市の市場で売られていた「コウモリ」がそもそもの発生源と言われていました(WHO認定)。
発生源かどうかはともかく、オランダではミンクの飼育農場でミンクから人にコロナウイルスが移った可能性が発見され、ミンク農場で検査が始まったようです。
中国武漢では蛇も指摘されています。
ニューヨークの動物園ではトラやライオンからもコロナウイルスが発見されたようです。
これらは、それぞれが発生源ではなく人から移ったのではと思いますが、どうなんでしょうか?
これらのニュースの中で、初耳というか「フーン?」と思ったのが「ミンクの飼育農場」です。
オランダではミンクの毛皮を輸出しているそうです。
大昔ですが、その当時はミンクを殺害してミンクの毛皮としてコートなどを作っていたのですが「動物虐待」ということで販売が自粛されていました。。
それが飼育して・・・
羊毛ではないですが、毛を刈っているのだと思いますが「なるほど!」と思いました。
コロナウイルスで在宅勤務が始まりましたが、仕事の見直し?発見?が見えてきたそうです。
中部電力では、4000人が在宅勤務だそうですが、そこで業務の見直しをするそうです。
結局、無駄な仕事というか大幅な省人化が図れそうだとか。
効率効率でいくと、これまた変な方向にいきそうですが?
posted by seiho at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: