MACS blog

2019年10月30日

血圧

血圧が気になるので色々調べたら、アメリカと日本では数値が少し違っていました。
日本は140〜90(診察室)家庭内では135〜85が正常とされています。
アメリカでは、2017年にそれまでの140〜90が正常値と言う基準が130〜80に下げられました。
その結果高血圧の患者が新たに3000万に程増えたそうです。
二人に一人と言う激増ぶりです。
ただ、この決定には色々と疑問が出されていて、一番は降圧剤を売りさばこう?という製薬業界の思惑がボーダーラインの引き下げに影響しているともいわれています。
日本の医師の一部では高血圧の目安は年齢プラス90が正常であると言われています。
そうすると60歳の人なら血圧は、150までなら正常と言うことになります。
それなりに根拠があるのですが決定的な証拠?は無いようです。
コレステロールも悪玉が、善玉がと言っていますが、こちらの方はもっと疑問符がつくようです。
値が200くらいまでは問題ないという意見も出されているそうです。
これにおかしいと言っても学術的な裏付けは今のところないそうです。
今のところは、医薬品メーカーの思惑で数値が左右されているように感じられました。
posted by seiho at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: