MACS blog

2018年12月19日

ガスボンベ

アパマンショップの札幌のお店で消臭剤の詰まった缶に穴をあけて中のガスを抜いていたそうですが、それが100本以上で、なお且つ閉め切った室内だったということで爆発事故を起こしました。
アパマンショップの社長が記者会見で謝罪していましたがフと疑問が出てきました。
私たちのような年齢ですと過去の経験なり諸先輩の教えでガスの入った缶なりボンベは風通しの良いところや外で穴をあけて中のガスを出してからゴミとして出すという事が普通というか常識みたいなものでした。
それは、例えばバーベキューで鉄板の下になったガスボンベが熱で爆発したとか、ごみ収集車の中でガスの入った缶が爆発して火事になったとか色々な事例があったので自然に身に着いたように思います。
それが、テレビでも紹介されていましたがガスボンベをゴミとして出すとき自治体によっては、穴をあけてガス抜きをせずにゴミ出しをしても良いところがあります(四分の一くらい)。
それが普通になるとガスボンベが危険という意識が薄れてきそうです。
今回の場合、消臭剤でした。
LPガスのような個性のある臭いはしませんし中のガスがプロパンガスだということを認識している人は大多数だったのでしょうか?。
専門家は高圧で吹き出るものはガスでしょ!となります。
今回、ひょっとしてと思うのは「ファブリーズ」です。
テレビコマーシャルで何度も見ています。
こちらも消臭剤でが、霧吹きです。
霧吹きですから高圧ガスは使っていません。
そんなことは書いてないと思いますが、爆発する危険を疑いません。
このイメージが今回の事件の遠因のひとつかもしれません。
posted by seiho at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: