MACS blog

2018年12月11日

交通死亡事故非常事態宣言

名古屋市が「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令しました。
交通死亡事故件数が全国ワーストワンを15年連続更新しています。
交通事故では、交差点(付近を含む)での事故が半分以上です。
大型バスなどでは左折時に一旦停止すると表示しているのを時々見かけます。
私の場合、左折時はよく見ながら徐行しているのですが(人に気が付く)、右折時には右折後の歩道に人がいるかどうかで時々「ハッ!」とする時があります。
これは特に夜間が多いようです。
対向車線の車の通行が途絶えた時に右折するのですが、通常歩道を見て、人がいかいないを判断します。
この時、進行方向の歩道側(左側)は自然に目に入るのですが、反対側(右側)がおろそかになっているときがあります。
いないと判断してもそのもう少し右側の自転車などの通行車両があると、見落としがちになります。
特に夜間で自転車が点灯していないと見えない時があります。
そこで「ハッ!」とします。
基本的には信号が変わってからと思うのですが、対向車線の車の通行が途絶えると行ってしまうことが多いです(後ろに車がいることも気になります)。
数えてみたら私は朝の通勤の時右折が7回、左折が6回あります。そのうち信号があるのが4か所です。
合計13回右左折するのに信号は4か所だけです。
改めて振り返ると、慎重運転しなければとしっかり思いました。(皆さんは右左折何回しますか?)
*明日と明後日は出張でお休みです。
posted by seiho at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: