MACS blog

2020年05月19日

悪いことばかりじゃない!

コロナショックで不況のニュースが朝からテレビでこれでもかこれでもかとやっています。
先週末、書きましたように好調な業界があります。
同じような文になりますが、悪いニュースがこれでもかとニュースになるので良い話をこれどもかと書きます。
具体的な話です。
電子部品業界は「強気」です。
コロナで車関連の電子部品は確かに減ったのですが、それを超えるくらいにゲームやパソコンの電子部品の需要が盛り上がっています。
そして、車向けの電子部品は今年下期に大きく回復と予想しています(上期15%減が下期21%増)。
車の電装化(EV駆動を含め)の勢いはこれからも増えていくのでコロナショックで少しブレーキが掛かったが増産の勢いは継続する。
5G関連は、携帯もそうだけど、基地局などの投資が爆発的に増えるようです。
(中国が重視しています)
5Gでは電波の直進性が重要な問題になるので基地局がたくさん必要になります。
5Gの可能性は、自動運転、遠隔医療、仮想現実・拡張現実(映画などで画面が目の前に迫って見えるなど)、リアルタイム自由支点映像(野球中継をテレビで見ているときに、自分の見たいアングルで見える)
スマートファクトリー、スマートシティ(トヨタが実証都市を計画中です)
ここに書いてあるのは100%説明できていません。
生半可な知識で書いてあるので間違っているかもしれません(ごめんなさい!)
こういったことを新聞なり、ニュースなりで一つづつ丁寧に何回も紹介してもらえたら新しい産業の発生の可能性が身近にあると気づきそうです。
気づけばそこに商売のタネが見つかりそうです。

posted by seiho at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする