MACS blog

2019年11月29日

スマホ罰則

明日からスマホ関連の交通規則が強化されます。
会話は当然ですが、画面をジッと見たり、ハンズフリーであっても大音量で話している場合も罰せられます。
運転中にスマホを操作していたら6ヶ月以下の懲役または、10万円以下の罰金を科せられます。
違反点数は3点です。
そして、事故を起こした場合は、1年以下の懲役、または30万円以下の罰金を科せられます。
違反点数は、6点で即免許停止になります。
残念ながら歩行者等の携帯使用については、罰則規定はできませんでした。
テレビで見ていた時の話しですが、ハワイでは横断歩道を横断中に携帯を使用していると罰金を科せられるそうです。
日本でもそんな規則があってもと思っていました。
と言うのは、朝の通勤時間帯に駅とか国道の交差点を通るのですが、時々イラっとする時があります。
当然ですが、横断歩道を歩行中に携帯を使用しているのは普通ですが、歩行速度が極端に遅い人がいます。
立ち止まる人がいます。(横断歩道の真ん中でです)
大きな道路ならまだしも片側一車線で左折の車がいると、当然渡り切るまで待っています。
つまりひどい時には左折車1〜2台で信号が変わってしまいます。
これがイライラの元になります。
その結果、赤信号になっても強引に突き進む車を時々見かけます。
これなんかも、ある意味事故の元だと思います。
そういう私も時々イライラしているときがあります(笑)。
posted by seiho at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする