MACS blog

2019年11月05日

覚王山秋祭

先週末の土曜日は、合唱団として「覚王山秋祭」に参加しました。
今年で二回目ですが、参道の入り口の道路に作られた舞台の上で歌いました。
写真からは、解りませんが前方の舞台正面の方が高くなっています。
二列目、三列目は踏み台の上で歌いました。
去年は、一番後ろだったので後方へ倒れそうで、前の方の肩を触りながら歌ってました。
今年は二列目だったのですが、踏み台の上で歌っていたので不安定な状態でした。
それで、足には結構緊張感があったと思います。
これは、私だけではなく踏み台に立って歌っていた他の団員の人たちも舞台が終わったら一様に「足が痛い」「足がつりそう」とかの言葉が出ていたので、皆さんも踏み台で余計な緊張をしていたようです。
覚王山秋祭り1.JPG
この後は、「打ち上げ」で飲みました。
残るは、12月22日のクリスマスコンサートです。
会場は、なんと!!!ZEPPU NAGOYA です。
その為、曲目数が多いのと大半が英語の歌なので、英語の苦手な私には結構大変なことです。
これから22日に向かって特錬が定期練習のほかに何回か計画されています。
全曲暗譜が目標になっています!どこまで追いつくか?(笑)
posted by seiho at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする