MACS blog

2018年07月18日

M&A

先週の朝日新聞の記事です。
大廃業時代.jpg
平成になってから年平均5.4万社の中小企業が減ってきているそうです。
さらに問題なのは、記事にもありますように後継者不在127万社ということです。
この後継者不在と言うのは、経営者の年齢が70歳を超えているということです。
ほとんど待ったなしです。
このまま放置すると年間3万件の休廃業が始まるそうです。
そして25年ごろまでには650万人の雇用が無くなる恐れがあるということです。
これは国内景気に大きな影響を及ぼします。
日本の斜陽化が始まります。
記事の下の方に書いてありますが、M&Aが唯一の解決方法のような気がします。
吸収する溶かされるとかではなく日本経済の活性化のためにも生かすべきだと思います。
身近に具体的な話は聞いたことがありませんが考えてみるべきだと思います。
posted by seiho at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする