MACS blog

2018年07月06日

掃除機のかけ方

この前テレビを見ていたら掃除機の使い方を特集していました。
せかせかと素早く掃除機を動かしていると一見手早くやっているように見えますが、これは掃除機の先端を素早く動かすので周辺の細かいゴミが飛び散って見た目は奇麗に見えてもゴミが残っているとのことでした。
逆にユックリ(1メートルを5~6秒で)と掃除機をかけるとゴミが効率よく取れていました。
絨毯なんかはユックリかけると絨毯の奥に溜まったゴミを吸い取るのでゆっくりが一番でした。
また、掛け方も軽く握ってかける方がゴミの吸い込みも良いようです。
しっかりゴミを取ろうとすると思わず力が入ってしまいがちですが、これは効率が落ちるようです。
また、一か所にとどまって扇上にかけたりしがちですが、これもゴミの吸い残しがでるそうです。
手間はかかりそうですが、格子状に掃除機をかけると完璧はともかく、かなり奇麗にゴミが吸い取れるそうです。
今日は週末と言うことで朝事務所の床などを掃除機で掃除していましたが、見ているとユックリとは見えず、セカセカと掃除機をかけているようでした。
来週の朝礼で話すことにしました。(笑)
posted by seiho at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする