MACS blog

2018年05月11日

GDP

今日は、あるお客様(一部上場)の決算説明会に行ってきました。
二割以上の増収増益で絶好調の決算内容でした。
半導体関連のロボットが好調で、今期の計画も前期以上の売り上げを見込んでいます。
ここ二年くらいは好調ではないかと話されていました。
その中で、余談的に話されていたのですが、世界のGDPの中で日本の立ち位置がどんどん下がってきていることでした。
世界のGDPの中で以前は日本はアメリカに次いで二位でした。
それが中国に抜かれたのですが、今は圧倒的に差をつけられています。
現在は世界のGDPの中でアメリカが24%を占めて次はEUで22%次が中国で15%でした。
日本は中国の次でしたが、6%でした。
あっと言う間に二倍以上離されてしまいました。
先日書いた人口減で、日本のGDPは確実に減って行きます。
世界における日本の地盤沈下が目に見えて下がっていきそうです。
第二のイギリス病???何とか避けてと思っていますが、人口減即国民総生産の減少に結び付くのでどうしょうもないのでしょうか?
posted by seiho at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする