MACS blog

2017年05月31日

中古市

月曜日の中古機械、部品の入札会ですが、内容については触れていなかったので報告します。
ここ数回の傾向ですが、新しい?中古機械の出品がありません。
昔からある売れ残りの中古機械です。(同じ機械なので覚えてしまいました)
景気が悪いとそこそこ程度の良い機械が出てくるのですがここ何回かは出てきていません。
景気が良いと新品の機械を買った会社がそのまま古い機械を持っているか、機械屋さんに下取りに出すのですが、その中古機械が直ぐに売れてしまうようです。(東南アジアに売れているそうです)
その為、中古機械が品薄状態のようです(これは知立の機械団地でも似た傾向です)。
それに連動しているのか?中古工具の相場が上がってきているように感じました。
最低入札価格が2~3割従来に比べて高くなっているように感じます。
新品の価格と比較して割安感がなければ入札しません。
今日、あるメーカーさんが来社されました。
従来からの下請けさんが廃業されたということで、代わりの外注先を探していたそうですが、中々見つからなかった時、偶然ですが私が電話しました。
その為かどうか直ぐに見積もりの引き合いをいただき、そして見積もりを提出したのですが「従来より高い」とのことでした。
今回は先に提出した見積もりの他に新規が約倍ほど引き合いがありました。
今回は従来からの仕入れ価格が提示されていました。
「ベストプライスを」とのことでした。
なるべく期待に応えるようにしなければと思っています。
posted by seiho at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

名阪工事

昨日は、東大阪市の機械卸団地に行ってきました。
中古機械部品および機械の入札の下調べです。
高速道路は東名阪が集中工事中でした。
四日市インターぐらいから亀山に向かってかなりの渋滞があり、通常2時間くらいで行けるのが3時間ぐらいかかりました。
反対車線(名古屋方面行)はまずまずの車の流れだったので帰りも少し渋滞があってもたいしたことはないと思っていました。
また、現場は午後5時過ぎに通るので作業も終了していると思っていました。
しかし!帰りは大変な大渋滞でした。
大阪からの帰りで高速道路の渋滞情報がテロップで流れていたのですが、亀山JC先頭に14キロの渋滞とあります。
不思議に思いながらも進んでいくと亀山JCまで10キロちかくまで行ったところで流れが止まってしまいました。
集中工事ですから5時過ぎても工事をやっています(泣)。
亀山JCは新名神からの車と東名阪からの車が名古屋方面に向かって集合します。
その為余計に混雑します。
東大阪を5時少し前に出たのですが7時になっても届きません。(10メートル進んでは止まりの繰り返しです)
8時くらいになってやっと竈山JCに着きました。
何台かが大阪方面に向かって行きます。
ナンバーを見ていたら名古屋ナンバーもいます。(亀山インターから国道一号線またはそれから名四国道に向かうと予想されました。)
今の感じですと12時に自宅に着くかどうか解りません。
ダメもとで私も亀山インターに向かいました。
東名阪を大阪方面に向かって行くと名古屋へ向かう車が大渋滞で止まっています。
これは、こちらで正解か?と思いながら国道一号線へ出ました。
少し渋滞気味ですが車は流れています。
そして鈴鹿を過ぎたあたりからグンと流れが良くなりました。
そして名四国道もそれなりの流れで行くことが出来なんとか10時に家に着くことが出来ました。
疲れました。お酒を飲んで「バタン!キュー」でした。
posted by seiho at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

酒蔵まつり

先週の土曜日にテレピアホールで開催された「NAGOYA酒蔵まつり」に参加してきました。
東海地方の50の日本酒の蔵元が参加していました。
日本酒ということなどで参加者は年配の人が多いかと思っていたのですが、会場に到着したら若い男女が圧倒的に多いのでビックリしました。
こんなにたくさんの日本酒好きの若い人たちが!!!(無料ではなく有料です)
私の身近では、あまり見かけません。
どちらかと言うと日本酒党は少数派です。(40人くらいの集まりで最初から日本酒を飲むのは私くらいです)
参加した酒蔵のなかには、サミットで有名になった三重の「作(ざく)」が出店していたのですが、開場と同時に、この蔵元には30人くらいの人たちの行列が出来ていました。
チケットの引換券でそれぞれの酒蔵の屋台(?)に行って猪口一杯分注いでもらうのですが、私みたいな呑み助(笑)には飲みたらない量だったので、飲んだらすぐ次の蔵元にと言った具合で忙しく飲み歩きしました。(小さな会場だったので、少し大げさですが)
チケット分を飲み干した後は、チケットの追加購入も出来たのですが、つまみが少量だったので近くのお店に飲みに行きました。
(会場の大きさの割に来客が多すぎたようで、じっくりと酒を楽しむ風ではありませんでした。)
東海3県で50の蔵元が出店していたのですが、飲んだことがあるとと思ったお酒は14蔵元でした。
意外に飲んだことが無いお酒が多いと感じると同時に、頑張っているのだなと実感しました。

posted by seiho at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする