MACS blog

2019年08月20日

松本

花火大会の翌日(16日)は自由時間だったので台風の余波で雨風が強かったのですが、松本城に行きました。
朝9時過ぎということ、雨風が強かったので待ち時間ゼロで入城出来ました。
松本城.jpg
城の中も観光客が少なかったので、スムーズに天守に登れました。
スムーズと言っても階段が急で、なお且つ段差が50センチ近くあったので体力的には、若干ハードでした(あくる日は太ももが筋肉痛でした)。
その後、松本市美術館で開催されていた「草間彌生展」を見てきました。
松元美術館.jpg
大変ユニークな絵やオブジェが出展されていました。
草間さんは幼いころから幻聴や幻覚に悩まされたそうですが、それを絵や形にしたそうです。
今、90歳で現役の作家です。
死ぬまで描き続けるとの気迫に感激しました。
posted by seiho at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

諏訪湖花火大会

長い盆休みでしたが、15,16日と一泊二日で諏訪湖の花火大会に行ってきました。
宿泊は松本市内のビジネスホテルで花火会場までは電車で行きました。
事前の案内で、最終の花火まで見ていたら電車待ちが二時間(去年)を覚悟して下さいとありましたので、最終花火の二つ前で帰りました。
それでも、観衆は46万人と、とてつもない大観衆でしたので私たちが帰る頃はかなりの行列でした。
ホームには乗車できる人数分のみをホームに入れると方法で臨時列車が来たら割と整然と混乱もなく乗車出来ました。
ホームの風景です。
諏訪湖2.jpg
花火の感想ですが、客席も湖上の席だったのですが素晴らしい物でした。
体に花火の振動がズン!ズン!ズン!と響いてきました。
大きな花火が何発も打ちあがりました。
諏訪湖1.jpg
其のたびに感動で大きな声を出してしまいました。
私にとっては過去最高の花火大会でした。
posted by seiho at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

ハイブリット復活

先日の日刊工業新聞に「HVに再脚光」という記事が大きく出ました。

一時期、近い将来 車はEV(電気自動車)が主流になりエンジン付きの車は無くなるという話が断言されていました。
その結果、例えば車産業の集積している愛知県は第二のデトロイト(死の街)になるのではと言う話が色々なところで出ていました。
当社の取扱商品であるチェーンのメーカーである椿本チェイン様の全国代理店・特約店会議に出席した時も、自動車用タイミングチェーンの将来性が説明された時がありました(このブログにも書きました)。
それが冒頭の記事で、これからの主役になりそうです。
この要因は、燃費評価の変更です。
これは自動車の走行時だけではなく、ガソリンや電気が作られる工程を含めて燃費を評価することです。
電気自動車は走行時に二酸化炭素を出さないということで次は電気自動車の時代と言われ、ヨーロッパでは何年か後には電気自動車しか販売できないような取り決めが出来、中国、インドでも同じような主旨で電気自動車がこれからの主役と言う扱いでした。
しかし、電気は大半が石炭か重油か天然ガスで作られます(原子力、水力、風力、水力が他にありますが国によってかなり違う)。
電気をつくる時の二酸化炭素の排出量を見ると、電気自動車がそれほど有利ではないことが解ったわけです。
それで、HVの復活です。
中国、インドも電気自動車は二の次になり、両国ともHVが優遇されることになりました。
ズーっと将来は、電気自動車なのか燃料電池車なのか知りませんが、当面はHVと言うことで既存の業界は一安心ではないかと思います。
当社は、自動車部品とは、縁が有りませんが、車部品を作る工作機械メーカー様とは色々とお付き合いさせていただいております。
当社にとっても良い知らせでした。
posted by seiho at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする